機械学習

UbuntuでKaggleやるための環境構築

Ubuntuで機械学習をやるとなると色々な環境構築が必要です

  • そもそもUbuntu18.04
  • NVIDIAドライバー(グラボから出力させるために)
  • Anaconda
  • PyCharm
  • TensorFlow用CUDA(バージョン違い)
  • CuDNN

これらのインストール方法を書き連ねます。

あまり良い記事では無いのでわからなかったら貼ってあるリンクを検索しることをおすすめします。

Ubuntu18.04

Linuxにも色んな種類があるそうですが、今はこれでいきます。(ベター)

Ubuntu Desktop 日本語 Remixのダウンロード

まずはUbuntu自体をダウンロードする

Rufus

これはUSBにUbuntuを焼き付ける?もの。インストールしておこう。

画像

そしてこのように使うUSBフラッシュメモリとUbuntuをセットしてスタート

終わったら終わりです。

 

新しいパソコンにUbuntuの入ったUSBフラッシュメモリをぶっ挿して起動してbootをusbにセットすると

画像

こんな画面が出てくるのでインストールしちゃってください。

NVIDIAドライバー

第454回 Ubuntu 16.04 LTSにNVIDIA製ドライバーをインストールする3つの方法

僕はこの4つ目の方法でしかインストールできませんでした(原因不明)

直接ファイルをダウンロードしてインストールする方法です。

その記事が詳しいのでそれを参考にやってみてください。

CUDA  cuDNN

Ubuntu 18.04 でCUDA, Cudnn, Tensorflow GPU のインストール

これどおりにやってみてください。

僕はこれで上手くできました。

Anaconda

Anaconda Distribution

ダウンロードできたら

$ sudo bash Anacondaのパス名

でインストールできます。

$ conda -V

で4.6.11?なり何か出てくれば完了です。

PyCharm

Download PyCharm

ここはダウンロードして開けばインストールができます。

日本語化はおすすめしません。

なぜなら、Windows版では日本語化プラグイン使っていましたが、Ubuntu版は面倒そうですし(やりたければやればいいけど)そこまで必要がなかったからです。

TFのテスト

画像Pythonで上のようなコードを実行してグラボが認識されていれば完璧です。

しかし、問題はこの後でちゃんとコードが実行するか(適当なTensorFlowで学習させるコードを用いて)どうかです。

実際に僕の環境ではエラーが吐かれてしまいました。

そんなときには

このコードを先頭に追記してあげると動きます。

 

あまり詳しく書いたわけではありませんが、何か質問があればコメントでもTwitterのリプにでも質問してください。可能な限りで答えます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です