プログラミング

Matplotlib入門!Part1 折れ線グラフを格好良くしよう!編

こんにちは、チズチズです~

グラフを書こう

PythonのライブラリにMatplotlibというものがあり、グラフ作成に良く使われるものです。

今日はこちらを使ったグラフ作成の例を挙げてみましょう。

レベル順に解説します。

ノーマル

ごくごく普通のグラフです。

何も変哲はありません。

Lv.2 説明を付ける!

グラフの説明は主に

  • タイトル
  • 軸の説明(単位
  • (ラベル)

このあたりです。

最後のラベルはグラフが2つ以上あるときに使われるので今日は使いません。

plt.title()でタイトル

plt.xlabel()でx軸の名前yも同様です。

Lv.3 文字を大きくして見やすく!

初期設定のままだと文字が小さく見えます…

文字サイズを大きくして見やすくしましょう。

タイトルとラベルの後にfontosize=で指定します。

Lv.4 グリッドを付けて数値をわかりやすく!

方眼紙のようにしてみます。

総括

Pythonでは折れ線グラフを覚えていれば困ることは殆ど無いです。

次は散布図とか…

グラフ作成はPythonのツールが便利です(主観

ぜひ、使ってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です